エスビーパッケージ株式会社

厚板加工作業
厚板加工作業

厚板加工責任者
厚板加工責任者
作業場風景①
厚板加工では、神戸製鋼所様で製造される厚鋼板の加工を主な業務とし、それに付随する天井クレーンや設備の運転操作も行っている多能工職場です。
厚板加工作業者
厚板加工作業者
作業場風景②
厚鋼板は、建築・造船・エネルギー分野などの多岐にわたる用途に使われており、それは、”人命に関わる素材” お客様の要求を満たす安全な製品を供給するべく、作業者が一品一品、丁寧に手を加えて、お客様に満足いただける製品造りに励んでいます。

厚板加工作業の業務内容

厚板加工作業風景
梱包作業風景
切断
お客様のオーダーサイズに厚板製品を切断します。切断にはガス溶断する方法と、レーザーで切断する方法があり、材質・厚み・形状精度に合わせて、最適な方法を用います。また、刻印やステンシル、ラベルでの製品情報を表示する作業も行っています。作業後は、形状・表示が正しく行われているかの”検定”も重要な作業です。
厚板加工作業風景
厚板加工作業風景
手入
厚板を製造する過程で発生する欠陥部分を発見し除去する業務です。主に目視探傷で行いますが、必要に応じ浸透探傷検査も行っています。発見した欠陥は、機器を用いて研削を行い欠陥を除去します。深さのある欠陥に関しては、認定資格を持つ溶接士が厳格な基準の下で溶接補修を行っています。手入業務は品質に直結するため、記録作成も重要な作業となります。
厚板加工作業風景
厚板加工作業風景
運転
手入業務に必要な、鋼板を表裏反転するターンオーバー設備と天井クレーンの運転、及びその保守点検を行っています。厚板加工では、 鋼板を磁力で吸着してクレーンで各作業場間の搬送を行います。運転室には、製品データ(規格・サイズ・重量・納期・搬送先)が画面に表示され、その情報を基に、搬送を行っています。